日新火災withCaNday

みんなと未来の"あんしん”のために。 『日新火災withCaNday』は、暮…

日新火災withCaNday

みんなと未来の"あんしん”のために。 『日新火災withCaNday』は、暮らしに役立つサステナブルな情報、日常生活の中で簡単に出来るアクションをお伝えします。【運営:日新火災海上保険株式会社】

マガジン

  • テーマ:ファッション

    ファッションに関連する記事をまとめました。

  • アクリル板活用

    アクリル板活用方法をまとめました。

  • テーマ:節電

    節電に関する記事をまとめました。

  • ちょこっときゃんでぃ

    日新火災withCaNday編集部のことや、運営会社である日新火災海上保険株式会社のことをお話しします!

  • 記事索引

    記事の索引をまとめました。

テーマ:ファッション

ファッションに関連する記事をまとめました。

くわしく見る
  • 8本

サステナブルファッションって?アパレル業界の問題を知ろう編

四季やトレンド、ご自身の好みにあわせて、様々なファッションを取り入れて楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。今回から、2回にわたって「サステナブルファッション」について考えていきます。 前編となる今回は、サステナブルファッションが注目される背景や、ファッション業界の環境負荷について、後半となる次回の記事では、地球や社会、そして人にとっても優しいファッションの形についてご紹介していきます。 サステナブルファッションとは?皆さん、「サステナブルファッション」という言葉を聞い

スキ
48

シミや黄ばみが気になる季節。シャツやブラウスを長持ちさせる方法

もうすぐ新生活。新しく洋服を購入する機会もあるかもしれません。今回注目したのは、学校やビジネス、どんな場面でも重宝されるシャツやブラウス!真っ白なまま着たいのに、いつの間にか黄ばみや汚れが目立つようになった……。なんて経験、ありませんか? この記事では、シャツやブラウスを長持ちさせる方法をご紹介します! 洗濯の仕方を知ろう!まず、シャツ・ブラウスを長持ちさせるためには、正しい洗濯の方法を知っておく必要があります。 ①洗濯表示を確認する 洗濯表示を見て、洗濯機で洗っていい

スキ
54

せっかくなら、地球や社会によいものを。サステナブルなスニーカー「b/m」を選んだ社員の話

日新火災がお届けする『日新火災 withCaNday』がスタートしてからもうすぐ1年半。社内でもサステナビリティに対する意識がかなり高まってきました。そこで、サステナブルなアクションをしている社員にスポットを当て、インタビューをする新企画を始動します! 今回、インタビューをしたのは、日新火災情報システム株式会社(以下、NISK)に所属する、Aさん。Aさんは、明るい笑顔が素敵な社内のムードメーカー的存在です。日新火災の社員や代理店さんが問題なくサービスを利用できるように、シス

スキ
65

【後編】洋服を買う時の選択肢に。『Enter the E』植月さんから教わる、エシカルファッション

前回、エシカルファッションのセレクトショップ『Enter the E(エンター ジ イー)』の植月友美(うえつき ともみ)さんのファッションのあゆみや人生を変えることになったきっかけをご紹介しました。後編となる今回は、『Enter the E』を始めることになった経緯や植月さんのファッションに対するモヤモヤについてお話を伺っています! ★前編はこちら Enter the Eの始まりグラミン銀行のムハマド・ユヌスさんの講義を聞いた数か月後、植月さんは『ボーダレスジャパン』の

スキ
48

アクリル板活用

アクリル板活用方法をまとめました。

くわしく見る
  • 3本

その手があったか!ゴミになってしまうアクリル板、その活用法を調べてみた

5月8日から、新型コロナウイルス感染症が季節性インフルエンザと同じ「5類」へと移行することが発表されました。 マスクの着用は、すでに個人の判断が基本となっていますが、感染症対策として使われていたアクリル板についても、政府として一律に求めることはせず、事業者ごとに設置の要否を判断する、と言う考え方になるとのこと。このタイミングで撤去を検討する企業も多いのではないでしょうか。 いざ撤去を検討する際に困るのは撤去したアクリル板をどうするのか、ということ。処分するしかないのか、も

スキ
54

不要になったアクリル板を社内で再利用してみた

皆さん、こんにちは。日新火災withCaNdayでは以前、新型コロナウイルスの5類移行に伴い撤去したアクリル板をゴミとして捨てない活用方法をご紹介しました。 日新火災は全国に拠点がありますが、特に在籍する社員数が多い東京本社とさいたま本社では大量のアクリル板を撤去することとなりました。積み上がった大量のアクリル板を見ながら「このまま廃棄するのはもったいない…」と考えた私たちは、活用することにしました。今回の記事では、どう活用をしたかをご紹介します。 積み上がった大量のアク

スキ
37

ギフトにおすすめ!サステナブルなアクセサリー4選

これまでサステナブルなギフトとして、「体験ギフト」「癒しのギフト」をご紹介しましたが、今回は「アクセサリー」に注目してみたいと思います。 サステナブルなアクセサリーは、地球に優しい素材で、作り手の愛情や豊かな想像力によって作られています。想い、丁寧に作られたアクセサリーだからこそ、身に着けた時にはキラキラと輝きを増すのではないでしょうか? 大切な人に贈るギフトとしても、とってもいいですよね。 この記事では、サステナブルなアクセサリーを4つご紹介したいと思います。 海洋プラ

スキ
41

テーマ:節電

節電に関する記事をまとめました。

くわしく見る
  • 4本

猛暑の中、停電にあったら?電気ナシでできる、暑さ対策

近年、台風やゲリラ豪雨が多発しています。その影響で、停電が起こる地域も多いです。猛暑が続く夏に停電が起きた場合、あなたはどう行動しますか?今の季節に停電が起きることを考えて事前に対策をしておきましょう!この記事では、もしもの時に備えた、電気ナシでできる暑さ対策をご紹介します。 停電時の熱中症に備えよう!2019年9月、関東に上陸した台風15号。千葉県を中心に約93万戸が停電し、約14万戸が断水しました。これを解消するまで、約16日間を要し、多くの人が大きな被害に遭ったのです

スキ
56

早めに消灯して何をする?就寝前の“リラックス節電タイム”の過ごし方

「スマホを触っていたら深夜になってしまった……」 「動画を見ていたら、電気をつけたまま寝落ちしてしまった……」 最近、そんな経験はありませんか?眠ったのに朝起きても疲れが取れていない、なんていうこともあるかもしれません。 そんな夜の時間の過ごし方は健康に良くないだけでなく、電力の無駄な消費にも繋がってしまいます。真冬や真夏に需給がひっ迫して節電を求められる機会もありますが、私たちが個人でできる範囲で、できるだけ無駄な消費は避けたいですよね。 「節電しよう!」と言われると、

スキ
157

なぜ再生可能エネルギー化が必要?その導入方法もチェック

「再生可能エネルギー化」や「再生可能エネルギー100%」といったワードは、新聞やニュースでもよく見るようになりましたね。今回は、日新火災の総務担当として再生可能エネルギー化にも携わる筆者が、再生可能エネルギーとは何か、何のためにどのようなことをすればよいのかをご紹介します。 再生可能エネルギーって何?地球温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出量は、下図のように電力源によって大きく異なります。石炭、石油、LNGなどの化石由来の電力は発電時にCO2が排出されますが、太陽光・風力

スキ
35

お財布にも、地球にも優しい!電気に頼り過ぎない、サステナブルな寒さ対策

最近、急に寒くなってきましたね。特に朝晩は冷え込み、いよいよ冬本番が近づいてきた気がします。さて、そんな冬の寒さを凌ぐために、暖房は欠かせません。 暖房に頼りすぎると気になってくるのが電気代。夏と冬の電気代を比べてみると、冬の方が電気代が高くなることがわかっています。理由としては、以下の3つです。 ① 室内と屋外の気温差が夏より冬の方が大きいこと。エアコンで設定した温度と部屋の温度の差が大きければ大きいほど、エアコン稼働時に電力が必要となります。 ②冬の方が夏より日照時間

スキ
53

ちょこっときゃんでぃ

日新火災withCaNday編集部のことや、運営会社である日新火災海上保険株式会社のことをお話しします!

くわしく見る
  • 40本

不要になったアクリル板を社内で再利用してみた

皆さん、こんにちは。日新火災withCaNdayでは以前、新型コロナウイルスの5類移行に伴い撤去したアクリル板をゴミとして捨てない活用方法をご紹介しました。 日新火災は全国に拠点がありますが、特に在籍する社員数が多い東京本社とさいたま本社では大量のアクリル板を撤去することとなりました。積み上がった大量のアクリル板を見ながら「このまま廃棄するのはもったいない…」と考えた私たちは、活用することにしました。今回の記事では、どう活用をしたかをご紹介します。 積み上がった大量のアク

スキ
37

社員が登壇!キャリア教育副教材への出稿と出前授業を実施しました!

皆さん、こんにちは! 今回、日新火災は中学生向けキャリア教育の一環として、お仕事紹介冊子「発見たんけん 10年先のジョブノート(キャリア教育副教材)」に出稿し、実際に働いている社員の声を学生に届けるべく、当社独自のキャリア教育「出前授業」を実施。社員が講師となって教壇に立ち、損害保険業界についてお話しした様子をお届けします。最後までぜひご覧ください! 「発見たんけん 10年先のジョブノート」とは?2021年度より「コロナ禍で職場体験などが難しくなっている中でも、地元企業を知

スキ
32

祝!日新火災withCaNdayは2周年を迎えました

2024年3月、『日新火災 withCaNday』は2周年を迎えました。いつも記事を読んでいただいている皆さま、誠にありがとうございます! 暮らしに役立つサステナブルな情報、日常生活の中で簡単に出来るアクションをお伝えするために立ち上げた『日新火災 withCaNday』。2年間で約120記事を投稿しました。皆さまが読んでいて「面白かった!」「タメになった!」と感じた記事がありましたら、是非コメントで教えてください。また、お気に入りの記事にはスキを押してくれると嬉しいです。

スキ
32

日新火災は「マイナビ博覧会~MyFamilyFesta~」に出展します!

日新火災は8月26日(土)・27日(日)に開催されるマイナビ主催「マイナビ博覧会~MyFamilyFesta in竹芝~」に出展することになりました!このイベントはWEBやSNSなどオンラインに囲まれる日常から離れ、リアルな空間で親子で遊び・学べる体験型イベントです。主役は親だけでも子供だけでもなく、『マイファミリー』で一緒に楽しもうという企画です。ワクワクするような企画ですよね! 日新火災がイベントでどんなことをするの?保険会社が、ファミリー向けイベントに出展して何をしよ

スキ
32

記事索引

記事の索引をまとめました。

くわしく見る
  • 6本

《用語編》記事索引

この記事では「知る」をテーマに、サステナブルに関する用語の解説と関連記事をご紹介しています。サステナブルについて「何をしたらいいかわからない」「難しそう」と思っている方は、現在世界がどのような社会課題を抱えているのかを知るところから始めましょう。 【マイクロプラスチック】「マイクロプラスチック」とは、小さな粒状(5mm以下)のプラスチックのことです。細かい粒のため、回収が難しく、自然の中で分解されるのに時間がかかります。その結果、海の中で増え続けてしまうという特徴があります

スキ
8

《衣食住編》記事索引

サステナブルな素材や過程で作られたアイテムを選ぶことも、サステナブルなアクションの1つです。生活の中で必要不可欠な「衣食住」の観点から記事をまとめました。是非、お買い物の時に参考にしてみてくださいね。 【衣】【食】【住】

スキ
8

《取材編》記事索引

『日新火災withCaNday』では、様々な企業・ブランドの方々に取材を実施。そこから生まれる繋がりを大切にしています。また、サステナブルな取り組みをしている日新火災の代理店にもお話を伺っています。 【取材した企業・ブランド一覧】★ハーチ株式会社 ★A plus! ★Enter the E ★StockBase ★そらとふじ 【取材した代理店一覧】★有限会社宮城中央保険 ★遠藤株式会社 ★株式会社ヨウ・サプライ ★株式会社ビーコード ★コミット保険サービス

スキ
10

《日新火災とサステナブル編》記事索引

『日新火災 withCaNday』を運営している日新火災海上保険株式会社のサステナブルな取り組みの様子もnoteにて配信中です。 【2022年度】【2023年度】北海道厚真町×日新火災 2024年度の活動は、随時更新していく予定です!

スキ
13