見出し画像

「エシカルな暮らし LAB」で始める、新生活の準備

就職・進学に伴い、新たな生活を始める方も多いこの季節。
バッグや靴など、新しく買うならエシカルなものを買いたい!」「だけど、どこで買えるのか、どんなブランドがあるのか知らない……」
そんな方にオススメなスポットは、東京・有楽町にある「エシカルな暮らしLAB」。今回は、日本最大級となるエシカルセレクトショップ「エシカルな暮らしLAB」についてご紹介いたします。

エシカルな暮らし LABとは?

「エシカルな暮らしをすべての人に。」がコンセプトのエシカルセレクトショップ「エシカルな暮らし LAB」。Instagramのフォロワー4万人の「エシカルな暮らし」が運営しています。お菓子やアクセサリー、アパレル(洋服や靴など)、コスメなど、様々なエシカルアイテムと出会える場所です!有楽町マルイに店舗を構え、落ち着いた雰囲気の中、お買い物を楽しむことができます。

店舗写真(提供:エシカルな暮らしLAB)

■店舗情報

店舗名:エシカルな暮らしLAB
住 所:〒100-0006
東京都千代田区有楽町2丁目7-1 有楽町マルイ6F
時 間:11:00-20:00
客 層:24~35歳の女性
価格帯:300円~(商品単価:約2、3,000円)

筆者もエシカルライフを始めて早2年!社会課題について知れば知るほど、買い物をする時にふと「そもそも、買い物という行為自体、果たしてエシカルなのか……?」とモヤモヤしてしまう時期がありました。しかし、生活する上で買い物は必須ですよね。そこで、新しく何かを購入する時は、①エシカルなアイテムかどうか、②自分が本当に気に入ったものか、③長く使い続けられるものか……この3つのうち1つ以上当てはまれば購入OKというルールを自分の中で設けました。

このルールを設けることで、衝動買いをすることがなくなり、無駄に買ってしまうことがなくなりました。ただ、②③はクリアできるものの、①のハードルがなかなか高い!
「エシカルなアイテムって、どこで買えるの?」「ネットの情報じゃ本当にエシカルなのかわからない!」そんな時、出会ったのが「エシカルな暮らし LAB」でした。Instagramで「エシカルな暮らし」のアカウントを見つけ、それ以降は実際に店舗へ足を運び、様々なエシカルアイテムとの出会いを楽しんでいます!

サステナブルやエシカルについて全く知らない人にも、最近興味を持ち始めた人にも、もっと詳しくなりたい人にもオススメなスポットです!
ここからは筆者が実際に購入した、新生活にもオススメなアイテムをご紹介していきます。

アップルレザーで作られたリュックサック

まず、ご紹介するのは、『LOVST TOKYO(ラヴィストトーキョー)』「Apple Rucksack」。廃棄するリンゴから作られた素材、アップルレザーを使ったシンプルでスタイリッシュなデザインのリュックサックです。

★オススメポイント

これまで通勤バッグで使っていたリュックサックそのものが重たく、肩こりに悩まされたため、新たな通勤バッグを探していました。(そのリュックサックは捨てずに普段使いしています!)1番惹かれたポイントは、軽さと丸みのあるシルエット!仕事だけでなく普段使いもできそうだと感じ、購入を決めました。また、フロント・インナー・両サイドにポケットがあり、収納力もバッチリです!
「リンゴがレザーになるんだ!」といった、意外性もお気に入り。ファッションが好きな人にもオススメです。

■商品情報

ブランド:LOVST TOKYO
商品名:Apple Rucksack
価格:26,400円
カラー展開:ブラック、アイボリー

食品の保管にオススメなエコラップ

続いてご紹介するのは、『Bee Eco Wrap(ビーエコラップ)』。洗って繰り返し使える、エコラップです!以前、ラップのゴミを減らすための解決策として「ラップのゴミをどう減らす?繰り返し使える&自然由来のエコアイテムを使ってみた!」といった記事を掲載しました。

その中で筆者が気になったのは、 “みつろうラップ”。「実際に使ってみたいけど、手作りはちょっとハードルが高いかも…。」と思っていた時にこちらのアイテムを見つけました。

★オススメポイント

切った野菜の保管や食べかけの食品のフタとして使うことが多いです。他にも、お皿の代わりとして使ったり、サンドイッチやおにぎりを包んで持って行ったり……生活のあらゆる場面で活躍しそうですね。新生活、ゴミをなるべく減らしたい人にもオススメです!

■商品情報

ブランド:Bee Eco Wrap Japan
商品名:スタンダード(GOTS認証オーガニックコットン)
価格:902円~
サイズ:S(18×18cm)、M(27×27cm)、L(33×33cm)、XL(40×40cm)

間伐材や端材生まれの香り

最後にご紹介するのは、『Phnom Toi(プノン トイ)』「ウッドディフューザー」。こちらのウッドディフューザーは、山で放置されている間伐材や製材所で出る端材・カンナくずが活用されています。また、精油(エッセンシャルオイル)は木の材(幹)や枝葉などから抽出した天然の素材でできたものです!

★オススメポイント

「癒しが欲しい……!」と思い、筆者が求めたのは癒しの“香り”でした。こちらの「サステナブルな“癒し”を贈ろう。5,000円以下のおすすめギフト5選」の記事でも紹介していますが、筆者はスッキリとした香りが特徴の檜をセレクト。

新生活は、慣れないことも多く、大変な日々が続くことも。そんな癒されたい時には、素敵な香りで癒されてみませんか?

■商品情報

ブランド:Phnom Toi
商品名:吉野ヒノキ精油・ウッドディフューザー[檜]
価格:3,880円

おわりに

「エシカルな暮らしLAB」は、私たちがエシカルなアイテムに出会える素敵なスポット。今回紹介した以外にも、たくさんの商品を取り扱っておりますので、是非店舗に足を運んでみてくださいね。また、Instagramをフォローするだけでも、社会課題やエシカルアイテムについて知識が増えるのでオススメです!
実際に、店舗へ行くのが難しい方はオンラインストアがありますので、そちらをcheckしてみてくださいね!

エシカルな暮らしLAB店内の写真(提供:エシカルな暮らしLAB)

Instagram:@ethikura

この記事が参加している募集

#SDGsへの向き合い方

14,832件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 公式Xでは毎日情報を発信中!はなまる戦隊きゃんでぃーずの漫画もここで読めます!フォローお待ちしています。